CHECK

不動産を取引する際に知っておきたい!不動産買取の基礎知識について紹介

不動産買取の基礎知識をご紹介していますが、不動産買取は仲介業者を通じて家を売るときと同じく不動産売却の手法の一つです。
仲介の場合は、一般の人が買い主になりますが不動産買取では不動産会社などが購入先になります。
仲介では売りにくいもしくは売れない土地や建物でも不動産買取の場合は対応して貰えることもあります。
例えば、再建築不可の土地も買い取り業者により売れることもあるので、相続した家を早く売りたいときにも有利です。

不動産買取とは要らなくなった不動産を買い取ってもらえるサービス

不動産買取は便利なシステムです。
現代の日本では住宅が余っているともいわれています。
それが空き家問題につながっています。
いらなくなった家を売れば、お金が入るにもかかわらず、先祖からの土地や建物を売りたくないという思いから、そのままになっていることが多いのです。
いらなくなった家の対象方法は、主に二つあります。
一つは貸すことですが、貸す場合にはリフォーム等を施してから貸すようにします。
もう一つは売却ですが、その場合には仲介で売る方法と、買取で売る方法があります。
一刻も早く売りたい場合には、不動産買取を専門にしている、もしくはサービスを行っている業者に依頼してみましょう。
不動産屋に入るのは敷居が高いと感じる人も多いでしょう。
ですが、慣れてしまえば平気なものです。
買取業者にもさまざまありますので、地元に精通した業者であり、なおかつネット上のレビューが高評価の業者を選ぶことが大切です。
そのほうが安心して依頼出来ます。

不動産買取には宅地建物取引業者や不動産鑑定士などの専門家が関与することが多い

不動産取引では、売買契約の際に行われる重要事項説明書の読み上げおよび質疑応答は、宅地建物取引主任者の資格を持つ人が行わなければならない決まりがあります。
これは、賃貸や売買などに関係なく重要事項説明書は必ず資格を持つ者が行う決まりになっています。
不動産買取の場合も、不動産鑑定士や宅地建物取引業者など専門家が関与してきます。
不動産買取は、買取業者との直接的な契約で行われる不動産取引です。
一般的な不動産売却は仲介業者を介して個人との契約になります。
仲介を利用する場合は、最初に媒介契約を業者と結ぶと宣伝をしながら購入したい人を募集します。
候補が見つかると内見を行い購入の可否を決める、そこでその家を買いたいとなったときは手付け金を収めその後に売買契約を結ぶことになります。
このとき、売り主・買い主・業者の3者による契約を交わす流れです。
不動産買取の場合は、買い主が業者になるため取引は2者間で行うのが特徴です。

不動産買取には不動産登記や固定資産税などの法律や税制の知識が必要

不動産買取は法律や税制に関する知識が欠かせないと言われていて、考慮すべき法律や税制のポイントは知っておくとお得です。
必要なことに不動産登記の確認があり、買取を行う前に正確かつ最新の情報が反映されているかを把握しておきます。
土地の売買においては、所有者情報や担保権の有無などが正確であることが不可欠です。
そして固定資産税は不動産の評価額に基づいて課税されるため、買取を検討する際には正確な算定をします。
不動産の評価に関する法的なルールや基準を理解し、評価額について検討しましょう。
買取契約書は取引の基本的な条件や細かな取り決めを含み、法的なアドバイスを受けることで成功します。
契約書の中には不動産の状態や引き渡し時期、価格の明確な記載が必要です。
不動産買取には税金が関わるので、譲渡所得税や消費税など適用される税金を確認しましょう。
特例や控除などは、税務アドバイザーと協力して最適な税務戦略を検討することが大切です。

不動産買取には不動産の種類や用途によって異なるルールや制度がある

不動産買取は、住宅だけでなく店舗やビルなども対象で種類や物件の用途により異なるルールが存在します。
一般的に住宅の不動産買取は、再販売をする目的で土地や建物を仕入れることになりますが、建物がボロボロでそのままでは使えないとなったときは家の価値はほとんどゼロ、土地の価値で査定が行われます。
築年数が比較的浅くリフォームすることで価値が高くなる場合は、土地と建物の両者で査定が行われるなどの違いがあります。
不動産買取など不動産の取引にかかわる場合は、宅地建物取引業法による免許制度が採用されています。
宅地建物取引業法は、宅地や建物の取引を業務として行う業者に対して規制を行うもので、業者が売り主として契約を交わす際に適用される法律です。
そのため、個人が売却する場合は対象から外れます。
不動産買取の場合は最初は買い主側になりますが、買い取ったものを再販売することになるため規制が適用されますし、業務で取引するわけですからこのような法律が関わることになるわけです。

不動産買取では不動産の売買や賃貸に関する契約書を作成しなければならない

不動産買取は、仲介業者を利用して不動産を売るときよりも短期間で売却ができる、瑕疵があっても責任が問われないことがある、個人を対象にする仲介では売れにくいもしくは売れない物件でも対応して貰える可能性が高いなどの特徴があります。
短期間で売れることから不動産売却を急いでいるケースや早急に現金を手に入れたい、このような人に向いているのが不動産買取です。
一般的な不動産会社に購入者を探して貰うときには、その会社と媒介契約を交わす必要がありますが、不動産買取は媒介契約がありません。
ただ、売買契約書や重要事項説明書などの書類を作成して取引する点においては共通しています。
ちなみに、これらの書類は不動産会社が作成するため、売り主は自ら契約書を作成する必要はありません。
売り主がやらなければならないことは、内容をしっかり理解した上で捺印やサインをすること、内容に不明な部分があるときには説明を求めて納得しなければなりません。

不動産買取時には重要事項説明書を用いた説明を受けることが必要

不動産買取は、買取業者と直接契約により不動産を売る方法です。
買取側は宅地建物取引主任者の資格を持っている音が条件で、この資格を持つことで不動産取引を可能にします。
売買契約のとき宅地建物取引主任者の資格を持つ者が不動産買取で家や土地を売る側に対して説明を交わします。
これは、売買の対象に物件や取引条件に関する重要事項で、重要事項説明書と呼ぶ書類に記載されている内容を全て口頭で伝えるものです。
物件については、権利および法令上の制約など、取引条件においては売買代金や解約の際の取り決めなど、このような内容が記載してあります。
重要事項説明書の内容をしっかり把握して、納得した上で契約を交わさなければなりません。
そのため、口頭で説明を聞いているときに分からないとき、納得ができないときはその都度宅地建物取引主任者に対して質問を行う、もしくうは話を聞きながらメモを取り一通りの説明が終わった段階でまとめて聞くなどクリアーにしておきましょう。

不動産買取には不動産の売買に関する仲介手数料が不要

不動産を売る場合には、仲介と買取という二つの方法があります。
それぞれのメリットとデメリットをこれから解説します。
まず、仲介のメリットは買取よりも高く売れることです。
買取の場合には仲介よりも1から3割程度安い値段で買い取られることが多いです。
それが主なメリットといえますが、逆にデメリットは買い手がなかなか見つからないといったことが考えられます。
立地によってそれは左右されることが多いです。
そして買取のメリットは、なんといってもすぐに現金化できるということでしょう。
流動性の低い不動産は、株券とは違ってすぐに現金化できないというデメリットがあります。
それを防止してくれるのが不動産買取です。
また、不動産買取の場合には仲介手数料が必要ありません。
業者が直接買い取ってくれるからです。
仲介の場合には売り手と買い手の間を取り持つのが不動産屋の仕事です。
そのため仲介手数料を取ることになるというわけです。
買取はそれがないのもメリットです。

不動産買取時には印紙税や登録免許税を納めなければならない

不動産買取は不動産売却の方法の一つ、仲介を利用するものと異なる点は買い主が業者になる点です。
仲介の場合の飼い主の大半は個人で、頭金だけでは購入できないときは住宅ローンを組むことになります。
一方、不動産買取は企業が買い主になるので資金力を持つ会社なら自社資金で物件の買取が可能です。
いずれも売買取引の中では売買契約を交わすことになりますが、このときの契約書には高額な金額が記載してある支払いに対する税金が課税されるのが特徴です。
この税金は税務署に直接納めるものではなく切手のような印紙を貼り納める、いわゆる印紙税です。
印紙代は取引額により異なります。
例えば、1,000万円を超えて5,000万円以下では2万円ですが、5,000万円を超えて1億円以下では6万円です。
また、不動産売買は所有者が変わるので不動産登記も必要です。
このとき必要になるのが登録免許税と呼ばれる税金で、印紙税や登録免許税は必ず納税する義務があります。

不動産買取にあたって税金が生じるケースがある

不動産買取に関係なく、不動産取引を行って売却額で利益が生じたときは納税が必要です。
これは譲渡所得税と呼ばれるもので所得税や住民税が課税されます。
ちなみに、不動産買取で家や土地を売却すると業者側から代金を受け取る、これは譲渡所得の形で課税の対象になります。
これは譲渡収入金額(売却して得たもの)-(取得費+譲渡費用)の毛計算式で求めます。
取得費は、取得に要した費用の合計から建物の減価償却費を差し引いた額です。
この取得費は実学法と概算法の2つの求め方があり、いずれか大きい方が適用されます。
なお、課税譲渡所得は納めるべき税金の額になりますが、これは譲渡所得から特別控除を差し引いたものです。
仮に譲渡所得が2,500万円のとき、3,000万円特別控除が適用されると-500万円になるので納税する必要はありません。
不動産買取で税金を納めなければならないケースはこの計算でプラスになったときのみ、控除を利用することで納税が不要になることも少なくありません。

大阪市 不動産売却に関する情報サイト
不動産買取ナビ

このサイトでは、不動産を取引するときに知っておくべき買取に関する基礎知識をご紹介しています。
何らかの理由で現在の住まいを売却しなければならない、できれば1か月以内に処分するとなったとき仲介を利用しているのでは先が見えなくて不安に感じる人も多いといえましょう。
ここでは、いち早くマイホームなど不動産を売却できる不動産買取の必要になる情報や物件の価値や需要に影響する要因などについて紹介していますので、参考にされると良いでしょう。

Search